環境省、第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第3回点検結果を公表

発表日:2017.06.02

環境省は、第三次循環型社会形成推進基本計画(循環基本計画)の進捗状況の第3回点検結果を公表した。第三次循環基本計画については、中央環境審議会が毎年度、その進捗状況を評価・点検することとされている。今回、日本における物質フロー(ものの流れ)に係る指標のうち、1)最終処分量は既に目標を達成しているが、2)資源生産性と循環利用率については、平成12年度から約10年間は大幅な改善が見られたものの、近年は横ばいであるとの評価がなされた。同省では、こうした点検の結果を踏まえて、中央環境審議会における循環基本計画見直しの審議を進め、循環型社会の形成に向けて、更なる対策を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS