環境省など、大阪港におけるヒアリ確認情報等を公表

発表日:2017.07.04

環境省と国土交通省は、大阪市の南港における緊急調査において、特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたと発表した。同調査は、平成29年6月29日に大阪市住之江区内の倉庫に搬入されたコンテナよりアカカミアリが確認されたことを受け、当該コンテナが陸揚げされた大阪市の南港において実施していたもの。今回、6月30日に防除した個体・7月3日に回収した死骸(女王アリを含む)について、専門機関による同定の結果、ヒアリであったことが確認された。両省では、今回の確認地点を中心に規模を拡大した緊急調査を実施する。また、すでに調査を行っている主要7港を含め、中国南沙港からのコンテナ定期輸送サービスが行われている22港湾においても、さらに調査及び予防的防除(ベイト剤の設置)を実施するという。なお、博多港と那覇新港では確認されずと報告されている。

新着情報メール配信サービス
RSS