環境省、博多港におけるヒアリ確認情報(続報)を公表

発表日:2017.08.18

環境省は、博多港におけるヒアリ確認情報(続報)を公表した。福岡港では、平成29年7月21日に福岡市東区の博多港アイランドシティ・コンテナターミナル(ICCT)のアスファルトのくぼみで特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されている。その後、港湾管理者が内部にヒアリが混入している可能性があるコンテナ(中国広東省広州市の南沙港から出航した貨物船)を特定し、8月17日に当該コンテナを開けて内部を検査したところ、約300個体のヒアリ(生体約20個体を含む)が確認された。生きた状態で確認された個体については、全て薬剤で殺虫処理しており、また当該コンテナ内部及び荷物については燻煙消毒を行った。同省では、現段階では他のコンテナやICCT周辺からの発見情報はないことから、ヒアリがICCT周辺に定着し繁殖している可能性は低いと見ている。

新着情報メール配信サービス
RSS