兵庫県立大など、ドローン採水システムによる環境DNA調査法を確立

発表日:2017.10.18

兵庫県立大学、山口大学、ルーチェサーチ(株)、奈良女子大学、神戸大学の研究グループは、ドローン採水システムによる環境DNA調査法を確立した。環境DNA調査においては、調査可能な水域を拡げ、調査コストを縮減するとともに、サンプル採取上の諸課題を解決する必要がある。今回、採水のたびにDNAを除去できるように、取り外してDNAの除染することができる採水ドローンを開発し、ダム湖の表面水の採水と環境DNAの抽出を試行したところ、ブルーギルなどの魚類の特異的なDNAの検出に成功し、サンプル間の水の混入が生じていないことも確認できたという。調査が困難と思われる水域における調査や、より正確な分析が可能となることから、漁業資源管理や生態系管理への応用が期待できる成果であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS