神戸大など、環境DNA調査によりゼニタナゴの繁殖地を確認

発表日:2017.11.14

神戸大学、パシフィックコンサルタンツ(株)、秋田県立大学からなる研究グループは、広域の環境DNA調査と採捕調査の組み合わせによって、秋田県の雄物川本流で絶滅危惧種IA類のゼニタナゴの繁殖地を発見した。ゼニタナゴは、全長8cm程度の日本固有のタナゴ属魚類で、現在では、秋田県・岩手県・宮城県等の限定された範囲でのみ確認されている。環境DNA調査は、湖沼・河川などの水環境中に存在する、生物のフンや表皮などから溶け出たDNA断片(環境DNA)を分析するもの。今回、雄物川においてゼニタナゴの新規繁殖地を発見するため、広域の環境DNA調査とその結果に基づいた採捕調査を行い、成魚の生息及び繁殖を確認した。この調査方法は、環境DNA分析手法で広域をスクリーニングした上で、絞り込んだ範囲で採捕調査を行うことにより生息地を確認するため、従来よりも低コストで生息地の特定を行うことができ、他の希少種への応用も期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS