北海道電力など、地域間連系線を活用した風力発電の導入拡大に向けた取組を開始

発表日:2018.01.04

北海道電力(株)は、2011年9月の決定に基づいて、北海道地域の風力発電の出力変動を、東京電力パワーグリッド(株)の調整力で制御する取組を開始した。この取組に先駆けて、同社は2017年2月と8月に、風力発電の空枠募集を行っている。今回、参加企業10社(12件・20万kW)のうち、先行する案件の運転が始まることから、風力発電導入拡大に向けた電力系統の安定運用対策について検証などに取り組む。2021年3月末までに、すべての実施案件が順次運転を開始する予定で、その後の実証試験期間を経て、試験結果の取りまとめを行っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS