京都大など、環境DNA分析に係る労力の縮減に成功

発表日:2018.02.28

京都大学、琉球大学、千葉県立中央博物館および神戸大学からなる研究グループは、環境DNAを分析する新技術(環境DNAメタバーコーディング)を用いて、琵琶湖周辺地域の河川の魚類の86.4%を、10人日でサンプリングし、検出することに成功した。今回、琵琶湖周辺地域において、2014年8月から10月の間、調査者1名が10日間、51河川102地点で水サンプルを採集し、環境DNAから生息魚種の推定を行った結果、文献から予想された44種のうち40種の魚類(未報告の2種含む)のDNA検出に成功した。今回の成果は、例えば網羅的な継続モニタリングなど多大な労力を要する生物分類群調査の効率化に寄与し、速報性が求められる外来種の侵入状況調査などに有効であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS