環境省、第3回全国温泉地サミットの開催結果などを紹介

発表日:2018.05.29

環境省は、同省が主催した第3回全国温泉地サミットの開催結果などを紹介した。同サミットは、60自治体、市町村長20名を含む170名の参加により、平成30年5月25日に大分県別府市で開催された。有識者会議の提言「自然等の地域資源を生かした温泉地の活性化について~「新・湯治」の推進~」に関する同省の説明の後に、温泉地や企業・団体等による「チーム 新・湯治」のキックオフが行われ、事例発表等が行われた。なお、温泉法に基づく国民保養温泉地に係る施策の一環として、同サミット開催前の5月23日に湯野浜温泉(山形県鶴岡市)と、みなかみ町国民保養温泉地(群馬県みなかみ町)を国民保養温泉地に指定したという。

新着情報メール配信サービス
RSS