環境省、愛知県瀬戸市におけるヒアリ確認情報を公表

発表日:2018.07.20

環境省は、愛知県瀬戸市内で発見されたアリ(約350個体)が、平成30年7月20日に特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されたことなどを公表した。当該アリは、木場金岡ふ頭内の運送業者車庫(愛知県海部郡飛島村)から同県瀬戸市内の事業者敷地に移送されたコンテナ内で、平成30年7月19日に発見されたもの。同日、事業者が中部地方環境事務所に通報し、愛知県とも情報共有がなされ、事業者に発見場所周辺におけるベイト剤の設置や、コンテナの密封・燻蒸処理等の防除方法が指示された。当該コンテナは平成30年7月3日に中国・広州の黄埔(コウホ)港を出港した貨物船に積載されていたもので、7月4日に香港で積み替えられ、7月13日に飛鳥ふ頭に陸揚げされてから発見場所に搬入されたもので、飛鳥ふ頭のコンテナターミナルでも目視調査とベイト剤設置が行われている。平成29年6月の国内初確認以降、ヒアリの確認事例は12都府県、計31件となった。

新着情報メール配信サービス
RSS