気象研、集中豪雨研究などの成果発表会を開催

発表日:2018.10.19

気象庁気象研究所は、平成30年11月10日に東京都下で開催する「平成30年度気象庁気象研究所研究成果発表会」の概要を紹介した。この発表会は、研究成果の社会への還元の観点から、同研究所の研究開発の内容を一般に紹介する取組のひとつ。今回、集中豪雨研究の現状と課題というセッションにおいて、平成30年台風第21号による強風・高潮(速報)や平成30年7月豪雨の局地的な特徴を紹介するとともに、「地球温暖化で変わりつつある日本の豪雨」と題する発表なども行われる(事前登録制)。

新着情報メール配信サービス
RSS