環境省、平成30年度「スギ雄花花芽調査」の結果を発表

発表日:2018.12.25

環境省は、平成30年度「スギ雄花花芽(はなめ)調査」の結果を発表した。この調査は、花粉症に関する調査研究の一環として、同省が平成16年度から実施しているもの。林野庁の協力の下、都道府県ごとの「スギ雄花の着花量(花粉生産量)」をとりまとめ、全国の概況等をスギ花粉の飛散予測のための参考情報として公表している。平成30年度調査(平成30年10月末~12月)において観察・判定されたスギ雄花の着花量は、1)全国的に「平成29年同時期並み」か、「多い」状況にあり、2)南関東地方では2倍程度(前年比)、近畿地方および中国地方では前年並みあるいは2倍強の府県もあり、「かなり多い」状況にある地域も見られたという。

新着情報メール配信サービス
RSS