国環研、「野焼き」に由来する大気汚染と健康への影響を評価

発表日:2019.02.07

国立環境研究所は、稲作・麦作残さの燃焼(以下「野焼き」)の大気質への影響とPMの毒性影響に関する研究成果を公表した。野焼きは、大気汚染物質の発生源のひとつと見られているが、統計資料等が乏しいため、その実態や影響の把握が困難であった。同研究所はPM2.5(大気中を浮遊する粒径が2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質)に関する既往研究の成果を踏まえ、大気環境、環境リスクと健康および環境計測の3つの観点から、総合的な実態解明等に取り組んだ。その結果、1)野焼きの発生件数が多かった日にはPM2.5のなかのレボグルコサン(植物中のセルロースが燃焼するときに生じる無水糖)濃度が高く、レボグルコサンの濃度と野焼き件数の傾向に相関が見られ、2)物質ごとの寄与度(有機炭素:19%、黒色炭素:16%程度)が明らかとなり、3)毒性は大気中のPM2.5と同程度もしくはそれ以上であることが示唆された。また、4)降雨などの気象条件を考慮したモデルにより、野焼き発生件数の再現などにも成功したという。

新着情報メール配信サービス
RSS