環境省、潮流発電技術実用化推進事業(平成31年度)を公募

発表日:2019.03.19

環境省は、平成31年度潮流発電技術実用化推進事業の公募を開始すると発表した(公募期間:平成31年3月19日~4月19日17時必着)。海洋エネルギー発電の実用化は、再生可能エネルギーの導入を推進し、地球温暖化対策を強化していくために重要な取組である。特に、海洋エネルギー発電の中でも、早期の実用化が期待される潮流発電は、国内の海域に適した技術及びシステムを確立することが重要と考えられている。今回の事業は、再生可能エネルギーの導入量の拡大とエネルギー起源CO2の削減を更に進めるため、国内の海域に適し、普及可能性が高く、環境負荷も小さい潮流発電の開発及び実証を行うもの。対象事業は、国内で潮流発電の開発・実証を行うこと等の環境省が設定した条件をすべて満たすもの。委託先は民間企業、大学、公的研究機関等を想定しており、採択当初年度は原則9億円を上限とし、審査委員会によるヒアリング審査等を行い、平成31年5月上旬までに採択課題を決定する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS