環境省、CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(2019年度)の採択案件を公表

発表日:2019.05.23

環境省は、2019年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の採択案件を公表した。同事業は、将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の優れた技術の開発・実証を主導し、CO2排出量の大幅な削減を目指すもの。今回、2019年度事業の公募に応募のあった技術開発・実証事業(一次公募)のうち、審査の結果、以下の8件を選定し、採択することとなった。1)EV、FCV駆動モーター用高効率低価格ネオジム鉄ホウ素積層磁石一体製法の開発、2)ガス差圧発電設備のパッケージ化、高効率化および低コスト化に関する開発・実証、3)燃料電池式可搬形発電装置と電源車の技術開発・実証、4)再エネ普及拡大へ向けた水素/空気二次電池(HAB)および蓄電システムの技術開発・実証、5)スパー型浮体式洋上風力発電施設の低コスト低炭素化撤去方法の開発・実証、6)ビール工場排水処理由来高純度バイオメタンガス燃料電池発電システム技術開発実証事業、7)AI・IoTを活用した地域循環共生圏を実現するダイナミックカーボンマネジメント実証事業、8)自律分散型エネルギーシステムを支える双方向充電システムに関する技術開発。

新着情報メール配信サービス
RSS