環境省、東京港青海ふ頭におけるヒアリ確認状況(令和元年10月10日の続報)を公表

発表日:2019.10.21

環境省は、東京港青海ふ頭におけるヒアリ確認状況の続報を発表した。同省では、東京港青海ふ頭において、令和元年9月10日、10月7日及び10月9日に特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたことを受けて、専門家及び東京都の協力のもと、10月10日から18日にかけて、確認地点の追加調査を実施した。調査の結果、一定の規模のコロニーを形成しており、多数の有翅女王アリ(50個体以上)を含んでいたことが確認された。確認された個体(7日からの総計で、働きアリ約750個体、女王アリ約56個体、雄アリ2個体、幼虫約10個体)は既に殺虫処理を行っているが、繁殖可能な有翅女王アリが周囲に飛翔した可能性があることから、一層の対応が必要な状況と認識している。10月21日にヒアリ対策関係閣僚会議が開催され、政府一丸となって当該港湾周辺における徹底した調査と確実な防除等により国内での定着を阻止することが確認されたことを受け、同省としても、これまでの調査・防除体制を更に強化するという。

新着情報メール配信サービス
RSS