環境省、第13回日中韓化学物質管理政策対話の結果を公表

発表日:2019.11.07

環境省は、令和元年10月28日から10月30日に福岡県福岡市内で開催された「第13回日中韓化学物質管理政策対話」の結果を公表した。10月29日に開催された日中韓の政府関係者による会合では、化学物質管理政策の最新動向と今後の方向性、化学物質管理に関する国際動向への対応、各国の最新の課題に関する対応の状況等について情報・意見交換を行った。これに先立ち、10月28日に開催された専門家会合では、日中韓の化学物質のリスク評価における技術的手法についての情報交換を行った。また、生態毒性試験の実施手法の調和に向けて、日中韓の共同研究として各国で実施した魚類慢性毒性試験の比較結果が報告され、今後は、日中韓が共同で継続して魚類慢性毒性試験を進めていくことが合意された。10月30日には、日中韓の化学物質管理政策に関する公開セミナーが開催されたという。次回は、令和2年に韓国で開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS