環境省、第3回日中韓における化学物質管理に関する政策ダイアローグ等の結果を発表

発表日:2009.09.17

環境省は、2009年9月14日(月)~16日(水)に中国北京市で開催された、「第3回日中韓における化学物質管理に関する政策ダイアローグ」(以下「化学物質政策ダイアローグ」)及び「第3回日中韓GHS専門家会合」の結果を発表した。日本、中国及び韓国の政府関係者及び学識経験者等により開催された第3回化学物質政策ダイアローグでは、化学物質管理の最新動向に関する情報・意見交換や今後の三カ国での連携・協力の進め方について議論が行われ、次回は日本で同ダイアローグを開催することが合意された。また、政府関係者による日中韓の化学物質管理政策及びREACH(欧州における化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則)に関する公開セミナーも開催された。一方、第3回日中韓化学物質分類表示(GHS)専門家会合では、日中韓における化学物質の有害性分類システムの比較検討作業等が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS