環境省、「第7回東アジアPOPsモニタリングワークショップ」の結果を公表

発表日:2009.10.01

環境省は、平成21年9月28日(月)~30日(水)に東京で開催した「第7回東アジアPOPsモニタリングワークショップ」の結果概要を公表した。同ワークショップは、参加各国におけるPOPsによる汚染実態についての情報交換と、東アジア地域での環境モニタリング体制の構築を目的として、アジア地域10カ国(カンボジア、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、モンゴル、シンガポール、タイ及びベトナム)政府の実務担当者と国連環境計画(UNEP)等の機関、及び日本の専門家が参加し開催された。今回、辺戸岬(日本)、済州島(韓国)に続く、新たな重点調査地点として、タムダオ(ベトナム)の追加が決定するなど、平成21年度以降のモニタリング調査計画が策定された。また、同省が平成20年度にカンボジアで実施したモニタリング調査結果や、第4回POPs条約締約国会議で採択された新規POPs類の分析法等について議論した。

新着情報メール配信サービス
RSS