極地研と東邦大、お台場海浜公園で新種のゴカイを発見

発表日:2020.02.06

国立極地研究所と東邦大学の研究グループは、お台場海浜公園(東京都港区)において新種のゴカイを発見したと発表した。同研究グループは、1996年よりお台場海浜公園における潜水調査に参加し、毎月行われている同地の海底清掃および底生生物層の調査を通じて、水中生物の探索などに協力している。2015年と2017年の調査において、水中生物の死体に群がるゴカイの仲間が発見され、腐肉食性を有することや、頭部の付属物・剛毛等の特徴からコイソメ科コモチコイソメ属であると判断されていた。しかし、同属の日本における自然環境下での報告例は少ないことから、同研究グループは詳細な観察を続け、既知のコモチコイソメ属と一致しない新種であることを明らかにした。今回、こうした成果を「ワシントン生物学会論文集」に投稿し、頭部背中側にある波打つような形状や歯の形等の特徴を持つ新種(和名:ナミウチコモチコイソメ、学名:Ophryotrocha urbis Jimi,Taru & Imura, 2019)として公表した。東京湾の生態系の維持において重要な役割を担っている生物であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS