群馬県、2018年度の県有施設における温室効果ガス排出量を公表

発表日:2020.02.18

群馬県は、2018年度の県有施設における温室効果ガス排出量の状況を公表した。同県では、「群馬県地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」(2011-2020)において、県有施設の2020年度における温室効果ガス排出量を、2007年度(基準年)比で11%削減することを目標としている。2018年度の県有施設からの温室効果ガス総排出量は121,411t-CO2となり、前年度比2.0%の減少、基準年比823%の減少となった。前年度比で減少した要因としては、1)2018年度は暖冬傾向であったため、重油や灯油等の燃料使用量が減少したこと等により、温室効果ガス排出量が減少した、2)県有施設における主な使用エネルギーの電気について、電力会社において再生可能エネルギーによる発電比率が増加したこと等から電力排出係数が改善(0.475kg-CO2/kWh→0.468kg-CO2/ kWh)したことなどが挙げられている。同県では、同実行計画に基づく県有施設全体の電力使用量(kWh)の対前年度比1%以上削減に向け、引き続き省エネ・節電対策に取り組むという。

新着情報メール配信サービス
RSS