(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、水和物スラリ蓄熱空調システムの実証事業をタイで開始へ

発表日:2010.01.25

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構は、JFEエンジニアリング(株)と共に開発した水和物スラリ(水和物の微細粒子と水溶液の混合流体)蓄熱空調システムの実証事業を、タイ電力公社(EGAT)の本社ビルで実施することを決定したと発表した。タイでは民生用の電力需要の約14%が空調で、その電力需要のピークが昼間に集中していることから、電力需要の夜間シフトが重要とされている。同事業で用いる水和物スラリは、従来の空調システムに使用していた水の2倍以上の蓄熱量を保有でき、効率的に蓄熱できるのが特徴。そのため、事務所ビルや工場等に適用することにより、冷房用エネルギー消費量の削減を実現し、一般的な空調システムと比較して、20%程度の省エネとともに、昼夜の電力使用平準化にも寄与する。同技術は今後、タイを初めとする東南アジア諸国への普及が期待できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS