NEDO、タイで環境対応型高効率アーク炉の実証を開始

発表日:2013.02.07

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、タイのチョンブリ市内に、スチールプランテック(株)と開発した「環境対応型高効率アーク炉」が完成し、実証を開始したと発表した。アーク炉とは、黒鉛製の電極と原料である鉄スクラップまたはその溶解した溶鋼との間にアークを発生させ、その熱により鉄を溶解し、鉄の温度を高める設備。今回完成した設備は、従来の電気炉と比較して約30%の省エネ効果とCO2削減が見込めるとともに、付属するダイオキシン処理設備により日本の大気排出基準を満たし、環境問題への対応も可能となる。NEDOでは今後、同設備の効果的な運用に向けて、現地へアドバイザーを派遣する等のマネジメントを実施、より効果的な設備の運用を行う。実証事業終了後は、タイ鉄鋼協会等と協力してPR活動を行なう予定。これにより、タイへの同設備の普及を図り、さらに周辺ASEAN諸国への展開を図るという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
健康・化学物質
大気環境
キーワード 省エネルギー | CO2 | ダイオキシン | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | タイ | 排出基準 | アーク炉
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS