川重冷熱工業(株)、大型貫流ボイラで初めてVOC(揮発性有機化合物)の完全燃焼処理に成功

発表日:2010.08.31

川重冷熱工業(株)は、大型貫流ボイラで初めてVOC(揮発性有機化合物)を直接燃焼法で酸化分解させる 「VOC燃焼システム」の開発に成功し、VOCを完全処理することを実機で実証した。VOCは、主に塗料・印刷インキ・接着剤・洗浄剤などに含まれており、代表的な物質として、トルエン・キシレン・イソプロピルアルコールなどの物質がある。大気汚染防止法では、VOCの排出規制や自主的な取組促進などの施策が講じられている。しかし、専用の処理設備は規模が大きく高価で、運用コストもかかることから、特に中小製造業においてさらなるVOCの排出削減への取り組みが求められている。同社が今回開発したシステムは、多くの工場で生産に利用されるボイラの燃料にVOCを混入して燃焼させ、700℃以上の高温でVOCを酸化分解する直接燃焼法を採用。同社独自の制御システムで、不安定に発生する多種類のVOCを適正に燃焼することにより、専用処理装置が無くてもVOCを完全処理することが可能となり、処理コストの削減が図れるという。

新着情報メール配信サービス
RSS