外務省、生物多様性条約の実施促進に向けた我が国の途上国支援(「眠れる森のび(美・微)生物」プロジェクト)を発表

発表日:2010.10.28

外務省は、平成22年10月28日(木)に開催された生物多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)ハイレベルセグメントにおいて、日本政府が「眠れる森のび(美・微)生物」プロジェクトを行うことを表明したことを発表した。同プロジェクトは、我が国がCOP10議長国として、各国による生物多様性条約の実施を支援することを目的に、開発途上国における微生物の保存・培養に対する支援活動を行うもので、技術移転や人材育成などの事業を予定している。その最初のプロジェクトとして、(独)国際協力機構(JICA)及び(独)科学技術振興機構(JST)の共同事業(地球規模課題対応国際科学技術協力:SATREPS)が、平成23年3月からインドネシアで実施される。同プロジェクトの実施を通じて、開発途上国が国内で生物多様性と生態系の保全を図りつつ、自ら遺伝資源の研究・開発を進め、新たに未知の微生物の価値を発見していくことが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS