日野自動車(株)、新ハイブリッドシステムの実証モニター運行を開始

発表日:2010.11.29

日野自動車(株)は、小型トラックの燃費性能を大幅に向上させ、CO2の排出量を低減することができる新ハイブリッドシステムを開発し、その実証モニター運行を開始すると発表した。同システムは、代表的な走行条件である都市内走行を想定した社内試験で、基準となるディーゼル車に対し約50%の燃費向上という結果が得られており、運輸部門の更なるCO2排出量削減に大きく貢献することが期待されるという。今回の実験には、トラック利用者として、(株)伊藤園、佐川急便(株)、西濃運輸(株)、綜合警備保障(株)、ヤマト運輸(株)、郵便事業(株)が参加。今後、日野自動車は、同実証モニター運行の結果を有効に活用し、システムの更なる燃費改善(=CO2排出量低減)を図り、新型ハイブリッドトラックとして市場に投入する予定だという。

新着情報メール配信サービス
RSS