(株)日立製作所、レアアースのリサイクル技術を開発

発表日:2010.12.06

(株)日立製作所は、ハードディスクドライブ(HDD)のモーターやエアコンなどのコンプレッサーからレアアース磁石を分離・回収する装置を開発するとともに、化学薬品を使わない乾式手法により、レアアース磁石からレアアース(ネオジム、ジスプロシウム)を抽出することに成功したと発表した。レアアースの安定調達のために、使用済み製品中のレアアース磁石からレアアースをリサイクルする技術が期待される一方、従来は、レアアース磁石の分離・回収に手間がかかるとともに、レアアース磁石からレアアースを抽出する過程で化学薬品を使用するため廃液処理が必要となり、コストと環境保全の面で課題があった。同社が今回開発した装置は、HDDからレアアース磁石を分離・回収する場合に、従来の方法と比べて作業効率が約8倍(約100台/時間)となった。また、従来はコンプレッサーの分解が困難であったが、新たに切断装置や脱磁装置などを開発し、高効率で安全な分離・回収を可能にした。同社は今後、リサイクル全体のコストや回収率の試算などを経て、2013年をめどにリサイクルの本格稼動をめざすという。

情報源 (株)日立製作所 ニュースリリース
機関 (株)日立製作所
分野 ごみ・リサイクル
キーワード リサイクル | 日立製作所 | レアアース | ネオジム | 資源循環 | 磁石 | ジスプロシウム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS