環境省と経済産業省、ストックホルム条約第5回締約国会議(COP5)の結果を公表

発表日:2011.05.02

環境省と経済産業省は、平成23年4月25日から29日までスイスのジュネーブで開催された、ストックホルム条約(POPs条約)第5回締約国会議(COP5)の結果を公表した。同条約は、残留性有機汚染物質(POPs)の製造及び使用の廃絶、排出の削減、これらの物質を含む廃棄物等の適正処理等を規定している条約。今回の会議では、残留性有機汚染物質検討委員会(POPRC)から締約国会議に附属書への追加を勧告されていた1物質群(エンドスルファン)について、製造・使用等を原則廃絶することを決定した。なお、我が国では、エンドスルファンを有効成分とする農薬は、農薬取締法における登録が平成22年9月に既に失効している。また、条約の有効性の評価、遵守手続、化学物質・廃棄物関連3条約の連携強化などについての議論が行われた。

情報源 環境省 報道発表資料
経済産業省 報道発表
機関 環境省 経済産業省
分野 健康・化学物質
キーワード 環境省 | 経済産業省 | 廃棄物 | ストックホルム条約 | POPs | 残留性有機汚染物質 | 農薬 | エンドスルファン | COP5 | 農薬取締法
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS