三菱重工業(株)、500トン/日規模の石炭焚き排ガスCO2回収実証試験を開始

発表日:2011.06.14

三菱重工業(株)は、米国の大手電力会社のサザンカンパニーと共同で、500トン/日規模の石炭焚き排ガスCO2回収大型実証プラントの運転を開始したと発表した。同プラントは、排出ガスに含まれるCO2を分離・回収・圧送する大型装置で、2009年5月からアラバマ州のバリー(Barry)石炭焚き火力発電所内に建設を進めてきたもの。排ガス処理前設備(脱硫)、排ガスCO2吸収・再生設備、CO2圧送設備、ユーティリティー設備などで構成され、CO2回収能力は15万トン/年、CO2回収率は90%以上あり、CO2回収から地下貯留までの一貫した実証試験を行う。同試験は、排ガス中に不純物が多い石炭を対象としたCO2回収実証試験としては世界最大規模であり、同社は、この成果を活用して、地球温暖化問題の解決に向けた石炭焚き排ガスCO2回収・圧入技術の商用化を目指していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS