NEDO、ポルトガル政府とエネルギー分野での協力に合意

発表日:2012.03.14

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ポルトガル共和国経済雇用省と、エネルギー技術に関する広範な協力関係の構築を目指し、2012年3月13日に協力の合意文書(Letter of Intent)を締結したと発表した。これにより、両者の関係者の間で、再生可能エネルギーや省エネルギー、スマートコミュニティといったエネルギー分野の情報交換などを進め、両国間の協力事業の具体化を目指す。また、協力事業として、エネルギー技術に関する情報の交換や人材の交流、セミナーの開催、国際標準化への取組み、特定の都市におけるスマートコミュニティ実現のマスタープランの策定などを想定。特に、再生可能エネルギーについては、風力・揚水発電技術、太陽光発電技術、太陽熱利用技術など、省エネルギーについては、エネルギー効率化技術、ゼロ・エナジー・ビル、ポジティブ・エナジー・ビルなど、スマートコミュニティについては、スマートグリッド、エネルギー管理システムなど、これらの分野を中心として幅広い可能性を探っていくこととしている。NEDOでは、同合意文書を重要な一歩として、今後の経済雇用省などとの協力を通じ、両国共通のエネルギー問題の解決に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS