(株)富士経済、LEV(低速電気自動車)と電動トラック・バスの世界市場予測を発表

発表日:2012.08.10

(株)富士経済は、世界のLEV(低速電気自動車)と電動トラック・バスの現状を調査し、その将来予測を発表した。LEVには、都市圏で頻発する渋滞や、駐車場不足などの緩和や解決等の役割が期待される。中国での普及が進んでいることから2015年までは急成長が見込まれ、市場規模の2020年予測は、2011年比2.6倍の880億円となる。また、電動トラック・バスの市場は、現時点では日米欧などの先進国が中心となっている。今後、トラック全体の市場が拡大している東南アジアなどの新興国で徐々にHVやEVなど電動化が始まると考えられることから、市場規模は2020年には2011年比4.2倍の1,900億円となると予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS