政府、「生物多様性国家戦略2012-2020」を閣議決定

発表日:2012.09.28

環境省は、「生物多様性国家戦略2012-2020」が平成24年9月28日に閣議決定されたと発表した。生物多様性国家戦略は、生物多様性条約第6条及び生物多様性基本法第11条の規定に基づき、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する政府の基本的な計画。平成7年に最初の戦略を策定し、平成14年、平成19年、平成22年に見直しを行ってきた。今回の戦略のポイントは、以下の通り。1)愛知目標の達成に向けたわが国のロードマップとして、目標年次を含めたわが国の国別目標(13目標)とその達成に向けた主要行動目標(48目標)を設定。また、国別目標の達成状況を測るための指標(81指標)を設定。2)2020年度までに重点的に取り組むべき施策の方向性として、「生物多様性を社会に浸透させる」など5つの基本戦略を設定。また、「生物多様性の経済的価値評価」等の取組を充実・強化。3)今後5年間の行動計画として約700の具体的施策を記載し、50の数値目標を設定。

新着情報メール配信サービス
RSS