(株)富士経済、国内住宅リフォーム市場の調査結果を発表

発表日:2012.10.19

(株)富士経済は、国内の住宅リフォーム市場を調査し、その結果をまとめた報告書「2012年版 住宅リフォーム市場の現状と将来展望」を発表した。住宅リフォーム市場は、2012年5月から8月にかけ、景気回復や参入企業の事業拡大、東日本大震災からの復興需要、政策支援などが寄与し、穏やかながら市場拡大している。主要リフォームコンセプト別では、太陽光発電システムやガスエンジンCGS、家庭用燃料電池の導入による創エネリフォーム市場は、2011年度に前年度比39.9%増の3,655億円となった。ヒートポンプ式給湯器やLED照明器具、HEMSなどの導入による省エネリフォームは、逼迫した電力供給状況を受け、増加しているものの、エコキュート(特にヒートポンプ式給湯器)の減少が響き、2011年度の市場は前年度比4.2%減の1,774億円となった。2012年度もエコキュートの減少が見込まれるが、その他の伸びにより、市場は前年度比19.4%増が見込まれるという。

新着情報メール配信サービス
RSS