海外ニュース

海外の環境保全に関する最新動向として、国際機関や諸外国の行政・研究機関等のニュースを紹介しています。

海外ニュースを探す

絞り込みオプション ▼

1432件 1/144ページ

2022.11.17

国連環境計画(UNEP)は世界の泥炭地の危機的状況、環境改善において果たす役割、劣化による環境問題などについて評価した報告書を発表した。同報告書は科学者、政府、先住民族など50か国以上220名が提供した空間データ...

2022.11.16

ドイツ連邦環境省(BMU)は、気候変動、土地や生態系の劣化、生物多様性の損失に対して、自然を基盤とした解決策(NbS)を通じて世界的な取り組みを調整するイニシアティブが発足したと発表した。同国政府、国連気候変...

2022.11.15

アメリカ国立科学財団(NSF)は、メキシコ湾とカリブ海の海水温の上昇はサンゴにとって危機的状況にあるが、温室効果ガス排出量を大幅に削減して温暖化を遅らせれば、サンゴの保護と維持をあと20年継続できるとの研究...

2022.11.10

オーストラリア気候変動・エネルギー・環境・水資源省(DCCEEW)は、同国が国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)で発足した「森林と気候のリーダーパートナーシップ」の創設メンバーとなったことを報告した。...

2022.11.08

イギリス自然環境研究会議(NERC)は、生物多様性の重要な経済的価値と、それがどのように経済を支えているかについての理解を深めるための複数の新しい研究の開始を発表した。同国には7万種以上の動物、植物、菌類、...

2022.10.21

アメリカ海洋大気庁(NOAA)とアメリカ内務省海洋エネルギー管理局は、洋上風力発電を開発しながら、絶滅の危機に瀕しているタイセイヨウセミクジラの保護と回復を促進するための共同戦略草案を発表した。この戦略案...

2022.10.12

アメリカ国立科学財団(NSF)は、同財団が資金提供した研究により、両生類の減少が人々の健康に直接影響を及ぼしていたことが判明したと報告した。1980年代から2000年代にかけて、ラテンアメリカでは数十種のカエルやサ...

2022.10.04

国連環境計画(UNEP)は、絶滅の危機に瀕した哺乳類、爬虫類、鳥類の中から、生態系の修復によって絶滅の危機を免れた6種を紹介した。世界に存在する約800万種の生物のうち100万種が絶滅の危機に瀕しているが、「国連生...

2022.09.30

国連環境計画(UNEP)は、アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定(AEWA)の第8回締約国会議で、255の渡り性水鳥の保全状況の改善を目指す16の決議と新しいガイドラインを採択したと発表した。同会議は初の大規模な政府...

2022.09.23

フィンランド環境研究所(SYKE)は、欧州連合(EU)より410万ユーロの資金提供を受け、多様な科学的専門知識を結集し、生物多様性の損失を減速するための変革に向けたプロジェクト、「BIONEXT」の調整を担当する。このプ...

1432件 1/144ページ