環境GIS+

「見る」環境GISから「使う」環境GISへ!

環境GIS+(かんきょう じーあいえす ぷらす)は、出来合いのマップでは物足りない、地理空間情報システムを業務や研究に使っている・使おうと考えている、といった方々の声を踏まえて新設されました。
オリジナリティ溢れるマップを作成したり、環境問題をさまざまな角度から分析することができます。是非、お試しください。

  • 最新のお知らせ 2023年1月24日 「ダイオキシン類調査」を追加しました
お知らせ一覧

環境GIS+でできること

  • 環境GISで個別に公開しているデータを1つのWebサイトでまとめて閲覧することができます(一部のデータを除きます)。
  • ご利用者が持っているGISデータ、他機関がArcGIS Online※1やWMS※2等で一般公開しているデータを追加して重ね合わせ表示できます。
  • 指定した条件に合致するデータのみに絞り込んで閲覧することができます
  • データのダウンロードができます
  • 背景地図を変更することができます

※1:一般に公開されているGISデータを検索することができるEsri社のクラウドサービスです。
※2:GISに関する仕様・標準の開発と実装を行っている国際組織(OGC)が作成したGIS Webサービスの仕様の1つです。

環境GIS+に含まれているデータ一覧

現在、環境GIS+に含まれているデータは以下の通りです。今後、順次、環境GISで公開済みのデータを追加していきます。リンクをクリックすると、各データの説明ページが別ウィンドウで表示されます。

(2023年1月現在)

環境GIS+ 操作マニュアル

利用規約

ダウンロードしたデータは、下記ライセンスのもとでご利用いただけます。
Creative Commons — 表示 4.0 国際 — CC BY 4.0