フランス、モーダルシフト促進のためピギーバック輸送用鉄道2路線を新設

発表日:2013.09.18

フランスのキュヴィエ運輸・海洋・漁業担当大臣は2013年9月18日、ピギーバック輸送用鉄道2路線を新設すると発表した。フランス北部のカレーから南部のル・ブールーに至る路線(2015年初めに開通予定)と、北部のリールと南西部のバイヨンヌを結ぶ大西洋線(2016年初めに開通予定)である。ピギーバック輸送は大型トラック等の重量車を専用の鉄道車輌(台車)に載せて輸送するもので、貨物輸送のモーダルシフトを促すとともに、エネルギーシフトにもつながる。フランスでは既に2路線が運行しており、そのうちの一つ、2007年に開通したベッテンブルク(ルクセンブルク)とル・ブールーを結ぶ路線では、2012年に大型トラック等5万5000台を輸送し、2013年上半期の輸送量は前年同期比で9%増加している。今回新設される大西洋線では、年間8万5000台を道路から鉄道へとシフトすることが可能になり、約7万5000トンの二酸化炭素排出削減になるほか、営業と車輌保守関連の75件を含め、500件の雇用が生まれるという。

新着情報メール配信サービス
RSS