アメリカ環境保護庁、2019年度にスーパーファンド全国優先リストから27地区を削除

発表日:2019.10.29

アメリカ環境保護庁(EPA)は、スーパーファンドの全国優先リスト(NPL)に掲載された汚染地区から、2019年度は27地区について一部または完全に削除し、年間の削除数が過去18年で最多となったと報告した。汚染地区の調査や浄化作業は数年間、場合によっては数十年を要し、健康・環境保護のため更に浄化する必要がなくなった場合、NPLから削除する。EPAは、浄化プロセスを通じて地区の再利用を促す一方、NPLから削除することで浄化の完了を開発業者や金融機関に示し、地域社会の活性化と経済成長の促進を図っている。過去数年間、削除プロセスの効率化を進めた結果、NPLから一部または完全に削除した地区が、2017年度は前年の2倍、2018年度は22地区、2019年度は27地区と3年連続で増加。具体的に2019年度に完全に削除したのは12地区(オハイオ州等の埋立地、アイオワ州の金属メッキ工場の汚染地区等)、部分的に削除したのは15地区(カリフォルニア州の電子機器工場跡、イリノイ州の機械製造工場跡等)である。

情報源 アメリカ環境保護庁(EPA) ニュースリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 ごみ・リサイクル
健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード アメリカ環境保護庁 | 汚染 | スーパーファンド | 浄化プロセス | 全国優先リスト | 健康・環境保護 | 浄化作業
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS