日本気象協会、2015年春の花粉飛散予測(第1報)を発表

発表日:2014.10.08

(一財)日本気象協会は、2015年春の花粉飛散予測(第1報)を発表した。花粉の飛散数は夏の気象条件が大きく影響し、一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数は多くなる。今回の予測は、全国の2014年夏の気象条件などを基に作成したもの。これによると、2015年春のスギ・ヒノキ・シラカバの花粉の総飛散数は、九州と中国・四国のほとんどの地域では例年を下回り、近畿から北海道にかけては例年並みの所が多い見込み。前年(2014年)の飛散数に比べると、九州と中国・四国は少ない所がほとんどとなるが、近畿から東北にかけては前年の飛散数が少なかったため前年よりも多く、特に関東や東北では非常に多くなる所がある見込み。北海道は前年並みの飛散数になる見込みという。同協会では、今後の花芽調査などのデータを基に内容を更新する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS