国交省、IMO第68回海洋環境保護委員会(MEPC68)の開催結果を公表

発表日:2015.05.18

国土交通省は、平成27年5月11日から15日までロンドンの国際海事機関(IMO)本部で開催された、IMO第68回海洋環境保護委員会(MEPC68)の結果を公表した。今回の会合では、船舶の温室効果ガス(GHG)排出削減対策として、1)荒天時におけるエネルギー効率設計指標(EEDI)適用船舶の安全確保のための「最低出力ガイドライン(暫定版)」に関し、基準を強化する案の採択、2)「燃費報告制度」に関し、適用対象船舶等の具体的な内容に関する審議、が行われた。また、硫黄酸化物(SOx)削減対策として、燃料油硫黄分規制強化(現行の3.5%を0.5%に変更)の開始時期(2020年又は2025年)を決定するための今後の調査方法に関して合意された。さらに、バラスト水処理設備を先行搭載した船主が、今後のガイドラインの改正等により不利益を被ることがないようにする方向性について合意された。その他、極海コードの環境要件関係部分の採択や、2016年の副議長の選出、等が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS