国土交通省、国際海事機関(IMO)第66回海洋環境保護委員会(MEPC66)の開催結果を公表

発表日:2014.04.07

国土交通省は、平成26年3月31日から4月4日までロンドンのIMO本部で開催された、国際海事機関(IMO)第66回海洋環境保護委員会(MEPC66)の結果を公表した。今回の会合では、船舶からの窒素酸化物(NOx)排出規制の強化時期に関し、2016年1月1日から実施することを決定した。また、船舶からの温室効果ガス(GHG)排出削減に関し、就航既存船を含む船舶の更なるエネルギー効率改善を目指し、船舶の実燃費データを収集・報告する燃費報告制度について本格的に審議を開始し、同制度の検討を進めていくことに合意した。さらに、2015年9月から新造船のエネルギー効率設計指標(EEDI)規制の適用を自動車運搬船、RORO旅客船、RORO貨物船、クルーズ船に拡大することが決定した。その他、LNG運搬船や冷凍運搬船のEEDIの計算方法の日本提案の採用や、バラスト水処理装置(BWMS)の承認が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS