環境省、平成27年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務の採択結果を公表

発表日:2015.09.17

環境省は、平成27年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務の採択結果を公表した。セルロースナノファイバー(CNF)は、木材等の植物等を原料とし、高い比表面積と空孔率を有していることから、軽量でありながら高い強度や弾性を持つ素材として、様々な基盤素材への活用が期待され、精力的な開発が進められている。同事業は、将来的な地球温暖化対策につながり、エネルギー起源CO2削減が期待できる自動車軽量化に重点を置き、自動車を構成する2~3万の部品の中から、2~3年で実現でき、CNFの特性を活かした用途(部材や部品)を提案し、CNF活用製品の性能評価や活用時のCO2削減効果の検証を実施するもの。今回、委託事業者を公募したところ4件の応募があり、審査の結果、内装材・機能部品・バッテリーについて、CNFの特性を活かした提案4件を委託契約候補者として採択した。1)トクラス(株)、2)トヨタ車体(株)、3)九州大学大学院農学研究院、4)第一工業製薬(株)。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 軽量化/地球温暖化/環境省/自動車/セルロース/CO2排出量/植物/CNF/ナノファイバー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS