環境省、低炭素で環境に優しい社会を構築するための日仏間連携に関する協力覚書を署名

発表日:2015.12.14

環境省は、平成27年12月11日に、「フランス共和国エコロジー・持続可能開発・エネルギー省(ADEME)と日本国環境省 低炭素で環境に優しい社会を構築するための二国間連携に関する協力覚書」を締結したと公表した。同協力覚書は、パリのCOP21会場において、丸川環境大臣とADEMEのセゴレーヌ大臣により署名されたもの。両者にとって対等な相互利益を基本とし、以下の専門分野で、セミナー・ワークショップの共催や情報交換、共同支援等を行っていくという。1)低炭素でレジリエントな社会に向けたシナリオに関する情報交換、2)低炭素技術の開発と普及、3)大気汚染の抑制、4)生物多様性の保全、5)廃棄物管理(産業廃棄物を含む)、6)水質汚染、7)土壌浄化、8)環境問題に関する市民の意識向上。同省では、フランスとの環境協力を通じて、両国における低炭素社会の構築を推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS