島根県、平成27年度ガンカモ類生息調査の結果(主要地域)を公表

発表日:2016.01.13

島根県は、平成27年度ガンカモ類生息調査の結果(主要地域)を公表した。同調査は、ガンカモ類(ガン・カモ・ハクチョウ類)の冬期生息状況を把握するため、主要地域で実施しているもの。今回、平成28年1月10日に、中海、能義平野、宍道湖など県内の主要地域7区域で調査を実施。環境省レッドデータブック準絶滅危惧等に指定されているマガン、ヒシクイ、コハクチョウ、オシドリ、ツクシガモの5種の希少種が確認された。今回の調査による総個体数は、22種53,894羽となり、昨年より3種・577羽減少したという。

新着情報メール配信サービス
RSS