兵庫県、「播磨沿岸海岸保全基本計画(変更)」を決定

発表日:2016.04.19

兵庫県は、新たに津波対策や老朽化対策を位置づけた「播磨沿岸海岸保全基本計画(変更)」の内容を発表した。平成14年8月に策定した「播磨沿岸海岸保全基本計画」は、安全で快適な生活空間を守りつつ、播磨沿岸の貴重な自然や景観を保全し、多様な利用の要請にも応えられるよう、長期的な視点に立って播磨沿岸における海岸施設の整備方針等をとりまとめたものである。今回、平成26年6月の海岸法の改正、平成27年2月の海岸保全基本方針の変更を踏まえて、計画を変更した。新たに盛り込まれた施策は、1)海岸の防護:高潮や侵食の被害を防止するための防潮堤等の整備、越流を防ぐための防潮堤の整備等、2)海岸環境の整備及び保全:海岸生態系の保全、陸域生態系の保全、沿岸の景観の保全等、3)公衆の適正な利用の促進:歴史・文化資源の保全、利用を促進すべきエリアの明確化となぎさの再生、利用者へのルールづくりと適正な利用を促す施設整備の推進、「環境型利用」への転換等となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS