NEDO、太陽光発電の遠隔出力制御システムの開発に着手

発表日:2016.06.27

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、天候によって出力が変動する再生可能エネルギーを安定的かつ最大限に活用するために、太陽光発電の遠隔出力制御システムの開発に着手すると発表した。これは、2015年1月の再生可能エネルギー固定価格買取制度の省令改正により、新たに系統連系する太陽光発電と風力発電などに遠隔出力制御システムの取り付けが義務付けられたことを受けて実施するもの。今回の研究開発では、電力会社の中央給電指令所などにおいて、地域内に分散している太陽光発電設備の発電出力を把握し、これを踏まえた出力制御の指令を行うための機器や発電出力のマネジメントシステムの構築のための実証試験を行う。また、エネルギーマネジメントシステムや蓄エネルギーとの連動などを踏まえた需給制御手法の開発と実証、自端制御機能を備えたPCS(パワーコンディショナー)機能の高度化開発も行う。これらを通じて、再生可能エネルギーを最大限活用した電力系統の安定制御を実現するという。

新着情報メール配信サービス
RSS