三菱電機、シンガポール・セムコープ社と工業排水処理・再生システムに関する共同実験を実施へ

発表日:2016.07.11

リアクター(MBR)を工業排水の処理・再生システムに適用するためのラボ実験を共同で行うことに合意し、覚書(MOU)を締結したと発表した。シンガポールでは水資源不足が深刻化しているが、下水や工業排水の再利用を積極的に進めることにより、現在水需要の30%を再利用水でまかなうことが可能と考えられている。三菱電機が開発した新型MBRは、従来型MBRと比較して、下水・工業排水再生システムの省エネ化・コンパクト化が実現可能なシステム。今回の共同実験は、シンガポール経済開発庁(EDB)とセムコープ社が共同で実施している実証試験や共同研究の一環として行われるもの。セムコープ社が管轄するジュロン工業団地の排水処理プラントの汚泥を用いて、新型MBRの工業排水処理における基本性能を検証するという。

新着情報メール配信サービス
RSS