JAMSTEC、植物プランクトンの多様性と生産力の関係を解明

発表日:2016.10.19

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、スペインバルセロナの海洋科学研究所及びドイツブレーメンのライプニッツ熱帯海洋生態系センターと共同で、新たな海洋生態系モデルを構築することに成功したと発表した。今回の取組は、食物連鎖の基礎を支える植物プランクトンに着目し、群集(種類やサイズ)の多様性と生産力(炭素を合成する能力)の関係を明らかにしたもの。新たなモデルで計算した結果、植物プランクトンが成長する時に、光・栄養塩・温度の3要素が安定した環境下では、植物プランクトンの多様性が低ければ生産力がわずかに高くなる場合もあるが、3要素が突然変わる環境の場合、多様性が高くなるほど生産力が高まる傾向があることがわかった。今後は、今回のモデルを応用し、動物プランクトンの成長の仕組みを表現した低次生態系モデルを開発する。この研究は今後、プランクトンを餌とする魚など将来の水産資源量変化の予測に寄与することが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS