NEDO、ベトナムで廃棄物焼却発電プラントの実証運転を開始

発表日:2017.04.24

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、日立造船(株)が、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの建設・試運転を完了し、2017年4月1日から実証運転を開始したと発表した。ハノイ市では、生活ごみや産業廃棄物が合計で一日当たり約7,000トン発生し、そのうち同市のナムソン処理場の敷地内で廃棄物処理事業を手掛けるハノイ都市環境公社(URENCO)は5,000トン以上の埋め立て処理を行っており、埋立用地のひっ迫や環境衛生面の懸念が生じている。今回の実証運転は、NEDOが日立造船に委託し、同社とURENCOが共同で、2017年9月末まで6ヵ月間、様々な種類の産業廃棄物に適した処理方法を検証し、プラントの実用性および省エネルギー技術としての有効性を実証するもの。一日当たり75トンを衛生的に安全に焼却処分することで約10%(約7.5トン)まで減容化するとともに、排熱回収により1,930kW規模の発電(発電量としては、一般家庭約5000世帯に対応)を行うという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
日立造船(株) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 日立造船(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物発電 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 産業廃棄物 | 実証 | ベトナム | 減容化 | 排熱回収 | 日立造船 | 焼却発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS