三菱自動車、自動車リサイクル法に基づく2016年度の再資源化等の実績を公表

発表日:2017.06.07

三菱自動車工業(株)は、自動車リサイクル法に基づき、2016年度(2016年4月~2017年3月)における自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の再資源化等の実績を公表した。2016年度の実施状況の概要としては、ASRの引き取り量は240,549台分(36,703トン)、35,883トンを再資源化した結果、再資源化率は97.8%となり、2016年度の法定基準値(70%)を達成した。エアバッグ類は161,869台分(489,472個)を引き取り、再資源化率は93.5%で、法定基準値(85%)を達成した。フロン類の引き取り量は211,600台分(52,366kg)となり、適正に処理した。同社では、自動車リサイクル法に定められた使用済自動車処理の、確実かつ効率的な実施に向けて、引き続き取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS