環境省、神戸・横浜港等におけるヒアリの調査状況を報告

発表日:2017.07.14

環境省は、神戸港・横浜港等におけるヒアリの調査状況を報告した。同調査は、全国各地の港湾地域でヒアリが確認されたことを受けて、環境省が関係自治体や港湾関係者の協力を得て実施しているもの。1)神戸港のポートアイランド(PC18)で継続調査のために設置していたトラップから、ヒアリ1個体を捕獲したこと、2)横浜港本牧ふ頭のコンテナヤード内のアスファルト地面の割れ目で、ヒアリ700個体以上(働きアリ、有翅オス、サナギ、幼虫)が確認されたこと、3)東京港青海ふ頭では、ヒアリは確認されなかったものの、コンテナヤード舗装面の亀裂からアカカミアリ1,000個体以上が確認されたことが報告されている。同省では、神戸市、神奈川県・横浜市等関係者、青海ふ頭の管理者である東京都と連携協力して、確認地点周辺における調査および防除を継続するという。

新着情報メール配信サービス
RSS