環境省、兵庫県内におけるヒアリ緊急調査の状況等を報告

発表日:2017.07.05

環境省は、兵庫県内におけるヒアリ緊急調査の状況や当面の対策を発表した。同調査は、平成29年5月26日に兵庫県尼崎市において、輸入コンテナの内部でヒアリが確認されたことを受け、神戸市及び尼崎市と協力し、当該コンテナが留置されていた地点(兵庫県神戸市2カ所、尼崎市1カ所)の周辺で実施しているもの。今回、当該コンテナを消毒処分した後に、内部の異物等を分析したところ、働きアリが少なくとも500個体以上、有翅(ゆうし)メス(女王アリ)や有翅オスが2~5個体以上、幼虫やさなぎが含まれていたことが確認された。同省は、有翅アリの存在は想定内であり、ヒアリのリスク増大には直結しないと見ている。しかし、6月28日に神戸市のポートアイランドPC18内でもヒアリの個体が確認されていることから、当該コンテナが留め置かれた地点周辺における調査およびベイト剤による予防措置を継続し、ヒアリが確認された場合には速やかに防除を行うという。なお、横浜港における調査では確認されずと報告されている。

新着情報メール配信サービス
RSS